ユーチューバーのオワコン化は本当なのか?次の時代に生き残る上で大切なこと

2022年下半期頃から、本格的に「ユーチューバーはオワコン」と言われるようになってきましたよね。

ラファエルやシバターなどは、実際に「全盛期と比べると収入が少なすぎる」と嘆いています。

かつて人気者だったユーチューバーたちの中には、限界を感じて解散をしたリ、活動休止を決める人も増えてきています。

こういった流れを見ると、「ユーチューバーはオワコン」と感じられますが、本当のところはどうなのでしょうか?

すべてのユーチューバーがオワコン化していて、次の時代には生き残れないのでしょうか?

この記事では、そんな「ユーチューバーのオワコン化は本当なのか?」という疑問や「次の時代に生き残る上で大切なこと」について解説していきたいと思います。

トップユーチューバーであっても100万再生が難しい状況に

ヒカキンやはじめしゃちょー、東海オンエア、水溜まりボンド、フィッシャーズ、ヒカル、スカイピースといったYouTube全盛期に大人気だったユーチューバーや、コムドットや平成フラミンゴなどの新世代ユーチューバーたちも、2022年下半期ごろから急激に再生回数が下がってきているのは確かです。

それまでは「少なくても100万回再生(200万回再生以上の動画も珍しくない)」だった動画の再生回数は、「100万回再生以下」が目立ってきています。

ヒカキンや東海オンエア、コムドット、平成フラミンゴなどは100万回再生以上がほとんどであるため、2023年の上半期は安泰と言えますが、それ以外の大物ユーチューバーたちは100万回再生以下の動画も目立ってきています。

驚くべきは、ユーチューバーのパイオニアであるはじめしゃちょーの動画の再生回数が激減していることです。

かつては100万回再生以下の動画など皆無で、ほぼすべての動画が200万回再生以上であったはじめしゃちょーが、現在では50万回以下の動画も数多くなっているのです。

トップユーチューバーですらそういった状況なので、登録者50万人~100万人クラスのいわゆる「人気ユーチューバー」たちはさらに苦戦を強いられています。

再生回数が10万回以下の動画が非常に多く、収益化がかなり厳しい状況であると言えるでしょう。

全盛期と比べればオワコンではあるが、収益化はまだまだ可能

動画の再生回数が全盛期の半分以下(ひどい時には3分の1以下)となっている多くのユーチューバーたちですが、本当に「オワコン」なのでしょうか?

確かに、実際に解散をしたり休止してしまうユーチューバーも増えてきましたが、それでも一般的な会社員と比べれば驚くような収入を得ています。

なぜならば、「YouTubeを収益の柱としていないから」です。

再生回数の激減によって、「広告収入」自体はかなり減少していることでしょう。

さらに、企業案件の件数も単価も下がってきているため、YouTube単体で大きな金額を稼ぐことは難しい時代であると言えます。

しかし、多くのユーチューバーは、メンバーシップやオリジナルブランド商品の販売などの収益を得ています。

なんとなく動画を観ている視聴者数は減っていても、「コアなファン」が1万人いれば十分に収益化は可能なのです。

実際に、多くのユーチューバーが自身のオリジナルブランドを立ち上げています。

・ヒカル「ReZARD」

・コムドット「Birdog」

・Lazy Lie Crazy(レイクレ) ともやん「&RSON」

・かす「Boka nii」

・エミリン「EDNA」

・ぷろたん「proism」

・まあたそ「BEFTEY」

・朝倉未来「MATIN AVENIR」

・ばんばんざい ぎし「GISHER」

・ゆきりぬ「cyun%」

このように、ユーチューバーの多くが自身のブランドを立ち上げ、コアなファンをビジネスターゲットとしているのです。

例えば5,000人しかコアなファンがいなかったとしても、そのすべての人が自身のブランド服を10,000円分購入すれば、5,000万円の売上を上げることができるわけですから、非常に強力な収益源となるはずです。

人気ユーチューバーとして生き残るためには、「一芸」を身に付ける必要がある

誰にでもできる面白系やドッキリ系などの動画を基本としているエンタメ系ユーチューバーは、2023年度中にオワコン化していくのは間違いないでしょう。

珍しいとされてきた「大金を使う系の動画」も、かなり視聴者に飽きられてきているため、2023年は通用しないはずです。

2023年以降は、「確かな一芸」を身に付けた人たちが生き残っていくことになるでしょう。

そういった意味でも、広く浅くファンを獲得していくのではなく、総再生数は少なくても、特定のジャンルに特化した運営をしていくユーチューバーたちが生き残っていくことになると言えます。

まとめ

今回は、「ユーチューバーのオワコン化は本当なのか?」という疑問や「次の時代に生き残る上で大切なこと」について解説してきました。

一部のトップユーチューバーたちはまだ100万回以上の再生数を維持できていますが、すでにほとんどのユーチューバーたちは全盛期の半分以下~3分の1以下の再生回数まで落ちています。

この流れは2023年以降更に強くなっていくことでしょう。

生き残っていくためには、いかに特定のジャンルで支持されるかが重要となります。

はたしてどのユーチューバーたちが生き残っていくのか、今後も注目していきましょう。

乃木坂46齋藤飛鳥の卒業後アイドル界を牽引するのは誰?候補となる4人のアイドル

長らくアイドル界の顔として活躍していた乃木坂46の齋藤飛鳥が、31枚目のシングル『ここにはないもの』の活動をもってグループを卒業することになりました。

乃木坂46にとってもかなり大きな痛手となりますが、齋藤飛鳥の卒業はアイドル界全体にとっても大きな影響をもたらすことになるでしょう。

AKB48から続くアイドルブームを終わらせないためにも、新たな顔となる存在が必要であると言えます。

この記事では、そんな「乃木坂46齋藤飛鳥の卒業後アイドル界を牽引するのは誰なのか」といった疑問について解説していきたいと思います。

添付ファイルの詳細

アイドル界における齋藤飛鳥の存在

齋藤飛鳥は、一般的なアイドル像とは少し違うタイプのアイドルです。

無理にファンに笑顔を振りまくこともせず、「自分らしさ」をとても大事にしている印象を受けます。

誰もが羨む小顔と可愛さ、そして誰にも媚びないその雰囲気は、「唯一無二」とも言える存在です。

乃木坂にとっては、数少ない1期生の1人であり、まさに「エース」として長年君臨してきました。

アイドル界において乃木坂46が頂点である画ゆえに、アイドル界において齋藤飛鳥という存在は特別なものだったと言えるでしょう。

そんなアイドル界の顔が卒業することになるため、アイドル界自体の人気にも大きな影響が及んでしまう可能性もあるのです。

齋藤飛鳥の卒業後アイドル界を牽引する5人

どのようなジャンルにも、その人気を牽引する「アイコン」の様な存在が必要です。

野球界で言えば大谷翔平、サッカーで言えば久保建英や三笘薫、ミュージックシーンではヒゲダンや米津玄師といったように、必ずそのジャンルの象徴となる存在がいるものです。

アイドル界ではそれが齋藤飛鳥であったわけですが、卒業後には誰かがその代わりにアイコンにならなければなりません。

そういった存在が現れなければ、アイドル界の人気は低迷し、韓国系アイドルたちが席巻することになるでしょう。

遠藤さくら(乃木坂46)

24枚目の『夜明けまで強がらなくていい』、27枚目の『ごめんねFingers crossed』ですでにセンターを務めている遠藤さくらは、齋藤飛鳥卒業後の乃木坂のエースとなるアイドルです。

長身で抜群のスタイルでありながら、顔は圧倒的な「ヒロイン顔」です。

年齢もまだ21歳と若く、今後3~4年は乃木坂人気を牽引する存在となるはずです。

ただし、アイドル界の顔となるためには、もっと個性を出していく必要があると言えるでしょう。

賀喜遥香(乃木坂46)

遠藤さくらと同レベルの人気を誇っているのが、賀喜遥香です。

年齢の遠藤さくらと同じ21歳で、今後3~4年はこの2人がWエースとして君臨するはずです。

賀喜遥香もすでに28枚目『君に叱られた』、30枚目『好きというのはロックだぜ!』でセンターを経験しています。

ただし、遠藤さくらと同じく、アイドル界の顔となるとまだ個性やオーラが足りないため、さらに成長していく必要があると言えるでしょう。

森田ひかる(櫻坂46)

偶然にも乃木坂46の遠藤さくらと賀喜遥香の2人と同じ21歳の森田ひかるも、アイドル界で存在感を発揮している1人です。

現在の櫻坂46のエースであり、150㎝低身長と可愛らしいルックスが大きな魅力となっています。

基本的には落ち着いた雰囲気ですが、バラエティ力も高く、オーラは日増しに高まっています。

今後1つきっかけがあれば一気にアイドル界のトップに躍り出る可能性もあると言えるでしょう。

小坂菜緒(日向坂46)

前述した3人よりも1歳若い20歳の小坂菜緒も、アイドル界の顔になり得る存在です。

現時点でもっともアイドル界で人気のあるメンバーであり、ハーフっぽさもある圧倒的なビジュアルは、多くの女子が憧れ、多くの男子がときめいています。

2期生ではありますが、日向坂46の楽曲では、誰よりもセンターを務めることが多く、グループにおいて圧倒的なエースとなっています。

同じグループの金村美玖もかなり人気が高いですが、やはりグループの顔として現時点では小坂菜緒の方が上でしょう。

性格的には非常に控えめな性格ですが、今後自分をもう少し出していくことができれば、齋藤飛鳥に代わるアイドル界の顔になる可能性があると言えるでしょう。

まとめ

今回は、「乃木坂46齋藤飛鳥の卒業後アイドル界を牽引するのは誰なのか」といった疑問について解説してきました。

2022年12月現在では、ここで挙げた4人のアイドルが齋藤飛鳥に変わるアイドルの顔になり得る存在でしょう。

ただし、アイドルは何か1つのきっかけで一気に人気が爆発することもあるので、もしかしたら2023年の上半期に新たな大スターが現れるかもしれません。

はたして2023年のアイドル界は誰が主役となるのか、注目していきましょう。

リトグリ第2章が絶好調スタート!TVでアカペラも初披露で再び音楽シーンを盛り上げる

新メンバー3人を加えた「新生リトグリ」の勢いが凄まじい。

7月24日にメンバーの芹奈とmanakaの2人が卒業し、それ以降はかれん、MAYU、アサヒの3人で活動してきました。

しかし、一般募集したオーディション「M∞NSTER AUDITION」を開催すると、7002人もの応募が殺到しました。

そのハイレベルなオーディションから選ばれた新メンバー3人(ミカ、結海、miyou)が加わり、「新生リトグリ」として第2章をスタートさせたのです。

12月14日には、早速新曲『Join Us!』を配信リリーズし、公式YouTubeチャンネルで公開されたMVも公開3日で100万回再生を突破しています。
この記事では、そんな「リトグリ第2章の勢い」について解説していきたいと思います。

年末の歌番組に次々出演で再びリトグリの勢いが増してきている

かつて紅白歌合戦に4年連続出場し、レコード大賞優秀作品賞を受賞したり、ラグビーワールドカップのテーマソング、コカ・コーラのイメージソング、そしてペンタトニックスやアース・ウィンド・アンド・ファイアーなどの世界的グループとのコラボを実現してきたリトグリ。

しかし、芹奈が双極性障害とADHDを公表し長期休養を繰り返すと、manakaも突発性難聴で休養となり、3人での活動が続きました。

主要メンバーの2人がいなくなり、そのまま卒業となったため、必然的に人気が急降下していったのです。

「まだ解散しないんだ」といった声が聞こえてくるほどでした。

しかし、残った3人はリトグリを続けることを決断し、オーディションに踏み切ります。

そこで選ばれた3人の新メンバーは、再びリトグリに勢いをつける最高のポテンシャルを持っていたのです。

かれん、MAYU、アサヒの3人は、相当な実力者であり、3人でツアーを完走できるほどのクオリティを持っています。

そこに新たな才能が加わったことで、第一章と遜色ない魅力あふれるリトグリが誕生したのです。

唯一無二の歌声を持つmiyou

新メンバーの中では最年長となる19歳のmiyouは、ギニアと日本のハーフで、父親がアフリカンミュージシャンであることから、幼少期から音楽に囲まれた生活を送っていました。

抜群のリズム感と唯一無二の歌声で、今までのリトグリにない魅力をグループに与えています。

長らくソロとして活動していたのでハモリ自体はそれほどハイレベルではありませんが、今後の伸びしろは十分であると言えるでしょう。

周囲に気を遣うこともでき、周囲の空気を明るくするキャラクターです。

綺麗キャラに見えて天然な結海

現役高校3年生の結海は、外見が非常に美しく、華のあるメンバーです。

ミュージカル出身なだけあり、歌声も非常に力強く、低めのパートを任されることが多くなっています。

その綺麗な見た目とは裏腹に、かなりの天然で、第2章が始まって間もないですがすでにたくさんメンバーにツッコまれています。

歌唱力の部分では、現時点ではまだ物足りない部分がありますが、今後の伸びしろは十分なので問題はないはずです。

圧倒的朝ドラヒロイン感のミカ

結海と同じ高校3年生のミカは、新メンバーの中で最も人気が高いメンバーです。

オーディションでの歌唱審査動画では、「すでにリトグリ」「違和感がまったくない」といったコメントが殺到するほど「リトグリっぽい歌声」なのです。

さらに、いつもニコニコしていて、太陽の様なその笑顔は、すでに多くのファンを惹き付けています。

これまで本格的なレッスンをしたことがない状態でハイレベルなパフォーマンスが出せているので、今後リトグリのエースになる可能性もあるでしょう。

その期待からか、アサヒと共にWセンターを務めています。

年末の音楽番組に多数出演、1月からはツアーも始まる

第2章のリトグリは、最初からアクセル全開となっています。

すでにTBSの「CDTV」やフジテレビの「2022 FNS歌謡祭」に出演し新曲を披露していますし、TBSの「CDTVライブ!ライブ!クリスマス4時間SP」では、クリスマスアカペラメドレーも披露しています。

今後もテレビ朝日 「ミュージックステーション ウルトラSUPER LIVE 2022」や「CDTV ライブ!ライブ!年越しスペシャル!2022→2023」にも出演予定となっています。

2023年1月からは、「Live Tour2023 Join Us!」も始まります。

今後はアルバムの発売なども可能性が高いですし、夏以降は大規模なツアーなどもあるかもしれません。

まとめ

今回は、「リトグリ第2章の勢い」について解説してきました。

メンバー2人が卒業し勢いが衰えたリトグリでしたが、新メンバー3人を加えて一気にその勢いが復活しています。

6人の仲も良く、それぞれが実力もあり魅力的なので、今後第1章を超える人気となる可能性もあるでしょう。

まだ新生リトグリを見たことがない人は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

今後のサッカー日本代表を担うワールドクラスの5人

大きな盛り上がりを見せたカタールW杯ですが、日本代表もベスト16とまずまずの成績を収めました。

今大会で3位になったクロアチアに延長でも決着がつかずPK戦までもつれたことは、誇れることであると言えるでしょう。

しかし、それ以上に話題となったのが、三笘薫選手を筆頭とした若き代表戦士たちです。

彼らは今大会の経験を糧にして、さらに成長をしながら4年後のW杯を目指すことになります。

間違いなく何人かは、今後の日本代表の中心選手となるはずです。

この記事では、そんな「今後のサッカー日本代表を担うワールドクラスの5人」について解説していきたいと思います。

今後の代表を担う5人の日本人選手

それでは、まずは今回の日本代表にも選ばれていて、今後さらに活躍し日本代表を引っ張っていく存在となる選手を5人挙げてみましょう。

三笘薫選手(ブライトン)

25歳の三笘薫選手は、カタールW杯でもっともインパクトを与えた日本人選手の1人でしょう。

すでにサッカーファンの中では特別な存在として期待されていましたが、W杯によってライトなファンにまで認知されるようになりました。

スピードとテクニックの両方を兼ね備えた圧倒的なドリブル力は、すでにワールドクラスです。

今後は日本代表の顔として注目され続けることでしょう。

プレミアリーグのブライトンでプレーしており、監督が交代となったタイミングでライバルのベルギー代表トロサールとの共存が実現し、その実力が発揮されつつあります。

プレミアでも「MITOMA」の存在が日増しに高くなっていくことでしょう。

久保建英選手(レアル・ソシエダ)

21歳の久保選手は、カタールW杯では不完全燃焼に終わったと言っても良いでしょう。

ドイツ戦とスペイン戦でスタメン出場したものの、どちらも前半終了時に交代となってしまいました。

「後半に三笘を投入して勝負」という日本代表の戦い方の犠牲となってしまった印象がありますが、実力的にもまだまだ主力としてプレーするのは難しかったかもしれません。

しかし、すでにラ・リーガの強豪レアル・ソシエダでレギュラークラスとしてプレーしていますし、今後数年間でさらに成長していくのは確実であることから、今後の日本代表の中心となっていく存在であると言えるでしょう。

抜群のテクニックとアジリティで次々とチャンスを作り出していくチャンスメーカーが、今後どこまで成長していくのか、多くの日本サッカーファンが期待しています。

冨安健洋選手(アーセナル)

24歳の冨安選手は、日本サッカー史上最高のディフェンダーと呼ばれている選手です。

W杯では怪我の影響から多くの時間に出場することができませんでしたが、出場した際にはワールドクラスの守備を披露してくれました。

187㎝の恵まれた体と抜群の身体能力、そして1対1の強さが特徴です。

特筆すべきはその「ユーティリティ性」です。

CBだけでなく、左右のSBもこなすことができるのです。(実際に所属しているアーセナルではSBで試合に出場している)

吉田麻也選手が代表を去った後のディフェンスリーダーとして期待されています。

板倉滉選手(ボルシアMG)

25歳の板倉選手は、カタールW杯で評価を高めた選手の1人でしょう。

膝の靭帯断裂によってW杯出場が危ぶまれましたが、開幕直前で復帰し、なんとか間に合わせました。

おそらく板倉選手がいなければドイツやスペインを破ってのベスト16進出は不可能だったでしょう。

決勝トーナメント1回戦は累積警告で出場できず、悔しい気持ちが強いはずです。

身体能力が高く抜群のインターセプト能力とスライディング能力がある板倉選手は、冨安選手と共に今後の日本代表のディフェンスの要となるはずです。

堂安律選手(フライブルク)

24歳の堂安選手は、カタールW杯でドイツとスペインからゴールを奪い主役の1人となりました。

攻撃的MFは優秀な選手が多く、それほど多くの出場機会はないと思われていましたが、ドイツ戦とスペイン戦で途中出場からゴールを奪う活躍を見せると、決勝トーナメント1回戦ではスタメン出場を果たしました。

小柄ながら激しい守備も得意で、ドリブルもシュート力もワールドクラスです。

右サイドでは伊東純也選手に次ぐ2番手といった立ち位置でしたが、今後は主力としてスタメン出場していく可能性が高いと言えるでしょう。

今後日本代表の顔になる為には、フライブルクで結果を残しビッグクラブへの移籍を狙う必要があるでしょう。

まとめ

今回は、「今後のサッカー日本代表を担うワールドクラスの5人」について解説してきました。

ここでピックアップした5人以外にも、鎌田大地選手や守田英正選手、遠藤航選手、田中碧選手など、4年後のW杯を狙える優秀な選手が数多く存在します。

さらに、レアル・マドリードのカスティージャに所属している19歳の中井卓大選手やFC東京所属の松木玖生選手など、4年後に日本代表に食い込んでくるであろう期待の若手たちもいます。

ぜひそれぞれが4年間で大きく成長し、アメリカ、カナダ、メキシコの共催W杯でベスト8以上を成し遂げてもらいたいものです。

“雪の妖精”シマエナガ 真っ白モフモフで超かわいい シマエナガのグッズも要チェック!

こんにちは!
ガクログはじめました!

これから、私、ガクが気になっている話題について
ブログでとりあげていきたいなと思いますので
応援いただけたら嬉しいです。

はじめましての今回は、
ガクがずっと気になっていた可愛いあいつ・・・

そう、雪の妖精と呼ばれる
シマエナガについてお話していこうかなと思います。

シマエナガってなに??

シマエナガと聞いて、知ってる知ってる可愛いよね♪
という人もいれば、初めましての方もいらっしゃるかと思いますので
シマエナガについて簡単に解説したいと思います。

シマエナガというのは、
この子のことです♪

とても可愛い鳥ですよね♪

名前は知らなくても、結構SNSなどで見かけることもありますし
このようなグッズを見かけて知ってる方もいるかと思います。

このシマエナガは北海道全域で生息しており、
稀に迷子になって長野や千葉などでも発見されたケースもあるようです。

真っ白でモフモフ姿からも連想できるように、「雪の妖精」とも呼ばれています。
しかし夏になると羽毛を減らして細めになり
まるで小柄なスズメのような見た目になりなります。

妖精になるのは、冬限定のようですね♪

ちなみにシマエナガは、スズメよりも小柄ながら
スズメ目エナガ科の亜種の鳥です。

つまり同じ動物としての分類ながら
地理的要素で見た目が違うということです。

体重は10g前後で体長は10~14㎝くらいで
実物を見るとホントちいさく感じます。

道東の山の中を散策したことがありますが
残念ながらシマエナガと会うことは出来ませんでした。

観測しやすいのは12月から2月くらいの真冬に
街路樹の樹液目的で人里に下りてくるので
目撃しやすくなるそうです。

ちなみにシマエナガは、鳥獣保護法で
保護されている鳥なのでペットには出来ません。

つまり妖精さんは、森の中にいるからこそ
価値があるということですね♪

なので、皆さんも素敵に
見守ってあげてください♪

シマエナガグッズは、実はたくさんある

シマエナガは、白モフ姿が可愛くて人気があるためか
実は、シマエナガグッズが結構たくさんあります♪

ペットに出来ない代わりに、このようなグッズで
とても癒されますね♪

ちなみにガクが今、注目しているのは
来年のカレンダーをシマエナガにしようかなと思ってます♪

そして、これから冬にかけて
お茶を飲むことも増えていくので
とても可愛いティーポットとティーカップのセットが
欲しいな~と思ってます。

また来年の2023年1月に販売される商品なんですが、
シマエナガのヒナだんごのようなとても可愛らしいライトが
販売されます。

可愛すぎてとても癒されるこのグッズも
今から予約して入手したいと思ってます♪

今回、紹介させていただいた
雪の妖精 シマエナガを是非多くの方に知ってもらって
癒されてほしいなと思います。

サラリーマンブロガーガクが、あの旬なネタを語ってみた!

モバイルバージョンを終了